Home > 新婦人とは > 赤ちゃん・子育て

赤ちゃん・子育て

  • 2015-10-01 (木) 19:27

☆赤ちゃん小組(こぐみ=サークル)って?

 新婦人の赤ちゃん小組(こぐみ=サークル)では赤ちゃんの発達に大切なマッサージをするだけでなく、ママ同士「同じようなことで悩んでるんだ」と共感しあったり、「こんなときどうしたらいいの」と、ママやプレママの情報交換やおしゃべりの場にもなっています。先輩からのアドバイスもきくことができます。  子どもの学齢期、思春期を見通したとき、赤ちゃん時代からの子育てはとても大切です。同じような月齢の子と成長を比べてしまって悩んだり、心配したり…ママの気持ちをまるごとうけとめてくれる相談相手がいない、などみんなの共通の悩みでもあります。特に東京でひとりの子育てはけっこうキツイですよね。子育てはママひとりで抱えないで…。新婦人の赤ちゃんサークルで、気持ちが楽になる子育て、ごいっしょにはじめませんか。赤ちゃんもいずれ、お話しして、歩きだして、保育園・幼稚園に通って…10年後、15年後の子どもの成長の姿を思い浮かべながら、みんなでつながって、楽しんで子育てできたらいいですね…ママも赤ちゃんもゆったり優しくなれる日をつくりにきませんか。

ママたちの声 ☆ほっとできて気持ちが楽に …引っ越して、友だちも話し相手もなく、赤ちゃんをさわった経験すらなかったので、はじめての子育ては不安だらけでした。よく泣き、ずっと抱っこしてないとだめなのです。何からどうしたらいいかわかりませんでした。育児相談に行ったときに出会った方が、新婦人の赤ちゃん小組を紹介してくださって、2週間に1回でしたが、足を運ぶことができてほっとしました。同い年の子のお母さんと友だちになれたし、ちょっと先輩の方には「うちもそうだったよ」とアドバイスがもらえました。疲れて余裕をなくしている時に、他のお母さんが、ちょっとのあいだ抱っこしてくれるだけで気持ちが楽になり、本当にありがたかったです。…2人目の子育てのときも、サポーターさんが上の子の相手をしてくださるので、毎週1日は下の子にゆっくりかかわってあげられる大事な時間です。班会にも参加し、いろんなことを学ぶことができ、新婦人に入ってよかったです。 ☆ゆったりとやさしくなれる日 …子どもの首もすわり、しっかりしてきた頃から、どこかのサークルに入りたいと思っていました。市の4ヶ月検診に会場でチラシを見て、さっそく体験会に参加しました。最初からとても雰囲気が良くて、みなさん親切にしてくださり、すんなりと輪の中に入れたことがうれしかったです。夜泣きや心配ごとなどすぐに先輩に相談でき、今ではいろんなことを話し合える友だちもできました。子どももはじめはすぐに寝てしまっていましたが、今では同じ月齢の子とオモチャを取りあったり、大きい子の後をはって追いかけたりと楽しそうに過ごしています。サークルがあった日は、私もふだんより、ゆったりと優しい気持ちになれます。新婦人のサークルに出会えて本当に良かったです。医療費無料化のことも(…全国自治体によって違うことも)知りました。子育てや暮らしについて教わり、これからは親も賢くならなくてはと思うようになりました。親にできることは何かなと考えたとき、子どもたちが暮らしやすい町、戦争のない国を残してあげたい、そのためにも自分のできることで参加していきたいと思います。

☆親子リズム小組(こぐみ=サークル)って?

 リズム体操は、歌や音楽にあわせて、ワニになったり、ウサギになったりして、楽しく手足を動かすことで脳を刺激し、体と心の発達をうながします。いま、乳幼児期にたっぷり遊んで体を動かす大切さが、学齢期・思春期へと成長していくうえでも見直されています。親子で楽しくスキンシップしながら、コミュニケーションできるリズム体操は、ぴったりです。新婦人で取り入れている「親子リズム」のほとんどは、さくら・さくらんぼ保育園を創設された斉藤公子氏によって考案されました。その後、リズム遊び・リズム運動として子どもたちに親しまれ、現在も多くの保育園で取り入れられています。0歳から6歳までのリズムあそびは、たんに体を丈夫にするという目的だけでなく、脳の発達にも大きくかかわっています。運動神経と感覚神経を結ぶ中枢神経が最も発達するこの時期(6歳ころまでに大人のほぼ90%に達すると考えられています)に、たくさん刺激をしてあげましょう。

☆地域の先輩会員さんとのつながりが魅力 …1人目の子が5カ月のとき育休中に新婦人の親子リズムに平日に参加しました。2人目の子が生まれたあと、どうしても子どもとゆっくり向き合う時間がほしくて、親子リズムを働いても続けたいと相談し土曜日もやってみました。パパや保育園ママもたくさん参加しています。学校区ごとに地域にある新婦人の班会にも参加できたので、小学生や中高生のお子さんをもつ先輩ママからいろんな情報をもらったり、母世代の会員さんからも美味しい料理や、素敵な映画、女性の自立や、こどもの浴衣・七五三着付けアドバイスから、環境のこと、平和のこと、基地や核の問題、原発問題や、放射能問題にくわしい方もいて、いろんなことを学びました。新婦人しんぶんもすごく面白くてうちはパパも読者(笑)です。自分たちでもやりたいことや願いを実現しようと、親子リズムのママたちといっしょに公園遊具設置や、給食食材や公園などの放射線量測定、学校の放射能副読本のことなど行政に要望して、直接、市の担当の方ともお話しできて、少しずつですが、実現してきました。最近は教科書問題でママたちみんなで教科書を見に行ったり、憲法カフェや教科書カフェ、公園で戦争法NOの親子パレードもやっています。ママ同士で本音トークができることや、自分たちのやりたいサークルもどんどんできることや、言いたいことを外へ発信できることが新婦人の魅力です。50年の歴史もあって運動には慣れている先輩会員さんにきけば、行政などへの要請やデモなどやりかた教えてくれていっしょにやってくれるので安心です。

親子リズム体操のサークルのある地域  
新宿 品川 大田 世田谷 中野 渋谷 練馬 中央 文京 板橋 北 足立 葛飾 江戸川 小金井 国分寺 国立 西東京 東久留米 東大和 武蔵村山 立川 狛江 府中 調布 八王子 町田 日野 多摩 稲城 青梅
お問い合わせはこちらから

Home > 新婦人とは > 赤ちゃん・子育て




20代~40代の女性のBlog

Twitter

Return to page top